ブログの非表示、検索されない方法について

当ページのリンクには広告が含まれています。
ブログ,イメージ

お問い合わせはこちら

ブログを非表示にする、または検索エンジンから除外する方法は複数あります。

これらの方法はブログの種類、使用しているプラットフォーム、および目的によって異なります。

以下では、一般的なアプローチと具体的な手順を詳細に説明します。

目次

プライバシー設定の利用

ほとんどのブログプラットフォーム(WordPress、Blogger、Wixなど)はプライバシー設定を提供しています。

これらの設定を使用すると、ブログを完全に非公開にしたり、特定のユーザーにのみアクセスを許可したりできます。

  • WordPress: 管理画面にログインし、「設定」→「閲覧設定」に進みます。ここで「サイトの可視性」セクションを見つけ、「検索エンジンにインデックスされないようにする」を選択します。
  • Blogger: ダッシュボードにアクセスし、「設定」を選択します。その後、「プライバシー」セクションで「ブログを非公開にする」を選択し、「保存」をクリックします。
  • Wix: Wixダッシュボードから、「設定」→「SEO(Google)」に進みます。ここで「サイトをGoogleに表示しない」を選択し、「変更を保存」します。

robots.txtの使用

robots.txtは、検索エンジンのクローラーにウェブサイトの特定の部分をクロールまたはインデックスしないよう指示するために使用されるファイルです。

これを設定することで、ブログ全体または特定のページを検索エンジンの結果から除外できます。

  • 基本的な構文: あなたのサイトのルートディレクトリにrobots.txtファイルを作成し、以下のように記述します。
  User-agent: *
  Disallow: /

この設定はすべてのクローラーに対してサイト全体のクローリングを禁止します。

  • 特定のページを除外する: 特定のページを非表示にしたい場合は、DisallowディレクティブにそのURLを指定します。
  User-agent: *
  Disallow: /example-page/

メタタグの利用

HTMLのメタタグを使用して、特定のページを検索エンジンのインデックスから除外することも可能です。

これはページレベルでの制御が可能で、サイト全体に影響を与えることはありません。

  • noindexタグの追加: ページの<head>セクションに以下のタグを追加します。
  <meta name="robots" content="noindex">

これにより、そのページは検索エンジンによってインデックスされません。

サーバー設定の変更

デスクワーク,イメージ

特に自分でホスティングしているブログの場合、サーバーの設定を変更してアクセスを制限することができます。

例えば、特定のIPアドレスからのアクセスのみを許可することで、一般のユーザーによるアクセスを防ぐことが可能です。

  • .htaccessの利用: Apacheサーバーを使用している場合、.htaccessファイルを編集して特定のIPアドレスからのアクセスのみを許可することができます。

まとめ

まとめ,イメージ

ブログを非表示にする方法は多岐にわたりますが、最終的な選択はあなたのニーズとブログのプラットフォームに依存します。

プライバシー設定の変更は最も簡単で、多くのユーザーにとっては十分です。

一方で、より技術的な制御が必要な場合は、robots.txtの設定やメタタグの利用、サーバー設定の変更が有効です。

重要なのは、これらの変更がブログの可視性にどのように影響するかを理解し、適切な方法を選択することです。

以上、ブログの非表示、検索されない方法についてでした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【PR】表示速度改善のおすすめサーバー

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次