ホームページを丸ごとバックアップ取る方法について

当ページのリンクには広告が含まれています。
ホームページのバックアップ,イメージ

お問い合わせはこちら

ホームページを丸ごとバックアップする方法には、いくつかのアプローチがあります。

目的は、ウェブサイトのすべてのファイル、データベース、設定を安全に保存し、必要に応じて復元できるようにすることです。

以下に主に用いられる方法とその手順を詳しく説明します。

目次

ホスティングサービスのバックアップ機能

多くのホスティングプロバイダは、独自のバックアップツールを提供しています。

これを利用するのが最も簡単な方法の一つです。

  • 手順: ホスティングの管理パネルにログインし、バックアップのセクションを探します。ここから、全サイトのバックアップを作成し、生成されたバックアップファイルをローカルにダウンロードするオプションがあります。

CMSのバックアッププラグイン/モジュール

WordPress,イメージ

WordPress、Joomla、DrupalなどのCMSを使用している場合、専用のバックアッププラグインやモジュールを利用できます。

  • WordPress: 「UpdraftPlus」や「All-in-One WP Migration」などのプラグインがあります。
  • Joomla: 「Akeeba Backup」が人気の選択肢です。
  • Drupal: 「Backup and Migrate」モジュールを利用できます。

これらのツールを使用すると、サイトのファイルだけでなく、データベースも簡単にバックアップできます。

手動でのバックアップ

手動でのバックアップは、FTPクライアントを使用してウェブサイトのファイルをダウンロードし、データベース管理システムを通じてデータベースをエクスポートするプロセスを含みます。

  • ファイルのバックアップ: FTPクライアント(例: FileZilla)を使用して、サーバー上のすべてのウェブサイトファイルをローカルコンピュータにダウンロードします。
  • データベースのバックアップ: phpMyAdminなどのデータベース管理ツールを使用して、データベースをエクスポートし、SQLファイルとして保存します。

コマンドラインツール

より技術的なユーザーの場合、SSH経由でサーバーにアクセスし、rsyncmysqldumpなどのコマンドラインツールを使用してバックアップを取る方法があります。

  • ファイルのバックアップ: rsyncコマンドを使用して、サーバー上のファイルを安全に別のサーバーまたはローカルマシンにコピーします。
  • データベースのバックアップ: mysqldumpコマンドを使用して、データベースをバックアップし、結果をファイルに出力します。

バックアップのベストプラクティス

  • 定期的にバックアップを取る: データの損失を防ぐために、定期的にバックアップを行うことが重要です。
  • 複数の場所にバックアップを保存する: ローカルだけでなく、クラウドストレージサービスにもバックアップを保存するとより安全です。
  • バックアップのテスト: バックアップが正しく機能するかを定期的に確認し、必要に応じて復元プロセスをテストしてください。

これらの方法を適切に選択し、実行することで、ウェブサイトを安全に保ち、いかなる事態にも迅速に対応できるようになります。

以上、ホームページを丸ごとバックアップ取る方法についてでした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【PR】表示速度改善のおすすめサーバー

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次